*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教養

「教養は生涯をずっと通して行われるものですし、学校ばかりでなく、実生活のなかからも得られるものです」

                <エレノア・ルーズベルト>


日々の生活、人との交わりの中から毎日数え切れない事を学ぶことができる。こんなに嬉しい事はありません。

実生活こそ大事。
小さな事でもおろそかにせず、たくさん学びながら一生を過ごして生きたいです。


ranking

時間の流れの前で・・・
「時間の流れのまえで怖気づくな。しようと決意したことを延期するな。」

               <シモーヌ・ヴェイユ>


ハイ!としか、言いようがないですね。(苦笑・・・)
自分に叱咤 激励 !!の言葉です。
どちらの道に行く?


「それはおまえ次第だよ。
どっちへ行きたいか分からなければ、
どっちの道へ行ったって
大した違いはないさ。」

               <不思議の国のアリスより>


この言葉痛いです。
よく自分の胸を突き刺してくれる言葉です。(苦笑)

どちらに進むかというより、自分のはっきりとした目標がなければ、こちらに進む!という強い意志がなければ、どちらへ進んでも大して変わりはないということですよね。

はっきりした目標があれば自然と答えは出るのだから大小係らず、目標の再確認を定期的にしていこう♪


不屈の精神

「すぐれた人間の大きな特徴は、不幸や苦しい出来事に対して不屈であることだ」

                <ベートーベン>


長い人生、何度となく自分を試すかのように逆境や試練がつきまとう。逃げてしまうか、戦うか、で人生の方向が変わります。

方向指示器に頼らず、いろいろ方向転換してみよう。
間違っても大丈夫♪ 解決法は、たくさんでてくるから。


今まさに八方塞がりどころか十方塞がりな私ですが絶対に負けないぞ~!!


ranking


「歩む者のない道」

  「歩む者のない道」

黄色い森の中で道が二つに分かれていた
残念だが両方の道を進むわけにはいかない
一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ
一方の道の先を見透かそうとした
その先は折れ、草むらの中に消えている

それから、もう一方の道を歩み始めた
一見同じようだがこちらの方がよさそうだ
なぜならこちらは草ぼうぼうで
誰かが通るのを待っていたから
本当は二つとも同じようなものだったけれど

あの朝、二つの道は同じように見えた
枯葉の上には足跡一つ見えなかった
あっちの道はまたの機会にしよう!
でも、道が先へ先へとつながることを知る私は
再び同じ道に戻ってくることはないだろうと思っていた

いま深いためいきとともに私はこれを告げる
ずっとずっと昔
森の中で道が二つに分かれていた。そして私は…
そして私は人があまり通っていない道を選んだ
そのためにどんなに大きな違いができたことか

               <ロバート・フロスト>


フロストのこの詩は、1回読んだだけでドキッとさせられます。何度読んでもいい詩です。

既に敷かれているレールに乗るのか、自分でレールを作っていくのか、この差は大きいと思います。

レールを作っていくのは、大作業で大変ですが得る物は大きいはず。

英文原文は、続きでどうぞ。

続きを読む

青春

  青春とは、人生のある時期ではなく、
  心の持ちかたを言う。
  薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、
  たくましい意志、ゆたかな想像力、炎える情熱をさす。
  青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

  青春とは臆病さを退ける勇気、
  安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
  ときには、二十歳の青年よりも六十歳の人に青春がある。
  年を重ねただけでは、人は老いない。
  理想を失うときに初めて老いる。
  歳月は皮膚にしわを増すが、情熱を失えば心はしぼむ。
  苦悩、恐怖、失望により気力は地に這い精神は、芥になる。

  六十歳であろうと十六歳であろうと人の胸には、
  驚異に魅かれる心、おさな児のような未知への探求心、
  人生への興味の歓喜がある。
  君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。
  人から神から美、喜び、勇気、力の
  霊感を受ける限り君は若い。


          <サミュエル・ウルマン>


「青春」という言葉自体、全然聞かなくなりましたが忘れてはいけない言葉だと思います。

「年を重ねただけでは、人は老いない。理想を失うときに初めて老いる・・・・・・・。」  理想や目標をいつまでも失わない自分でずっといたいです。

サミュエル・ウルマンの有名なこの詩は、岡田義夫氏の訳が有名ですが少し難しいので現代的にアレンジした方を載せてみましたが岡田氏の訳も続きに載せておきます。

ranking


続きを読む

揺れ動く心

『最も恐るべき敵は、過酷な境遇などではない。私たち自身の揺れ動く心です。』

          <ヘレン・ケラー>


『揺れ動く心』ほど恐ろしいものは、ないです。心はいろいろな方向へ飛べ、尚且つその方向へ人生を導くこともできます。

揺れ動く心に勝つには、何が起きても微動だにしない自分を作り上げ、絶対にこうするんだ!という強い意志を持つことが大切。

環境や自分に起こった出来事1つ1つに振り回されない自分を作るのが長年の私の目標の1つです。

ranking


最高の不幸

『最高の不幸は、あきらめるということである。』

          <チャーリー・チャップリン>



何事も諦めてしまえば、そこで道は閉ざされる。

諦めないでやり続けた人だけが幸せをつかめるのでしょう。

ranking


本当の富
『本当の富とは健康のことであり、
金や銀のことではない。』

It is health that is real wealth
and not pieces of gold and silver.
         
             <マハトマ・ガンジー>


この言葉も、そのとおりですね。

いくらお金があっても幸せとは限らない。「健康」は、何にも変えられない富です。

障 害

『小さな障害は、笑いの種だと思い、大きな障害は、勝利の前兆だと考えられるようになったの。』

                <赤毛のアンより>


こう考えると大きな障害も頑張って越えようと思えます。

大きな障害は勝利の前兆・・・いい考えです♪


ranking


今いる場所で・・・

「できることをしなさい。そしてやり遂げるのです。
 いま手にしているもので、いまいる場所で。」

           <セオドア・ルーズベルト>


いろいろな本を読んでいるとかなりの確率で『今いる場所で頑張れば道は開ける』と目にします。

今年の初めにカナダに残るか日本へ戻るか、で、とても悩んでいた私でしたがこの言葉がどうしても引っかかって今いる場所で頑張ったほうがいいのかも・・・と思い、できる事をしていたら(やり遂げるまでは行ってませんが。。苦笑)今では、残って良かった!と心から思います。

今いる場所で精一杯できることをする。
半年経った今、今いる場所で頑張って良かった!と心から実感しています。                                                     
自分を知る

自分が何を欲しいのか分からないでいると、
居たくもないところに行く羽目になった、
なんて結末はよくあることだ。

When you don’t know what you want, you often end up
where you don’t want to be.

             <ボブ・グリーネ>


うん、うん・・・・と頷いてしまう言葉です。
自分がどうなりたいのか、何を欲しいのか、きちんと考えないと惰性に流されて反対の方向に行ってしまう事、ありますよね。。(←え?私だけ??)

自分を知ることは、とても難しいけど自分を知ることで自分の人生を変えていけるのだから、何をしたいのか、何をしたくないのか、、何が欲しいのか、何が欲しくないのか、、少しずつ整理を始めてみよう。

ranking

THE PURSUIT OF HAPPYNESS(幸せのちから)
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を描いた実話の映画。

ストーリーは、骨密度を測る医療機器のセールスマンとして働くクリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、思うように売ることができず、家賃を払えない日々が続き、遂に妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られる。彼は、証券会社の正社員を目指して養成コースを受講するけれど半年は無給。家を追い出されホームレスとなり、それでも5歳の愛する息子に愛情をそそぎながら研修にもひたすら頑張り、幸せを掴もうと希望を持って信じる道を一生懸命進み続けて成功する・・・といった夢のような本当のお話。

私の大好きな実話映画です。
やっと借りて見ました。実話だけにとても良かったです。実生活でも親子のウィル・スミスが息子との共演でこれまた息子が健気に家がない生活にも文句を言わず、ひたすら楽観主義で頑張る姿が素敵でした。

人生投げ出したくなる位、運が悪いのがこれでもか、、と続き、見ていて歯痒くて切なかったけど主人公のクリスは本当に性格が良くて前向きで元気をかなりもらえる映画でした。彼の本もでているから是非読んでみようと思います。



チャンス

「チャンスは自らの中にある。
境遇や運や他人の援助の中にはない。
ただひたすら自らの中にある。」


             <オリソン・マーデン>


自分の中にある「チャンス」
どれがチャンスなのか、つい見落としがちですが小さなチャンスも見逃さないように自分の中にアンテナをしっかり張って置きたいです。


ranking


気がついたら5月中旬過ぎてました。時の経つのは早いです。日本はもうすぐ梅雨シーズンになりますね。皆様、お体には、気をつけて下さい。
Spiderman 3
楽しみにしていた「スパイダーマン3」を映画館に見に行ってきました。 前作から3年も経っていたですね。3年も待つのかぁ、、なんて思っていましたがやっと来た!という感じです。

今回は悪役も増え、ドラマもあり、泣く所もあり(←私だけでしょうかね?泣いたのは。笑!)で、とっても楽しめました。「スターウォーズ」のジョージ・ルーカス監督は、ストーリがーなくてくだらない映画、、と酷評していたけど。。。妬みでしょうかね??

2時間半弱、あっという間に過ぎて面白かったです。




星が見える名言集100
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

リンリン

Author:リンリン
2005年よりカナダに住んでいます。

都会暮らしから田舎暮らしへの変化で戸惑う事なども未だにある毎日ですがヨガにはまりながら大自然の中でシンプルに暮らしています。

好きな言葉は「ありがとう」「冬は必ず春となる」

常にポジティブでいたいと思っています☆
ポジティブパワーがもらえる本、映画、言葉などあったら是非是非教えてください。どうぞよろしく♪

泣き、笑い上戸です。泣くのも笑うのも大好き☆

ボランティア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。