*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君に読む物語
たまには映画のご紹介も♪

ニコラス・スパークスのデビュー作でベストセラー「The Notebook」の映画化。

この映画本当にお勧めです。純愛物ですが本当に本当にいいです。男性の方も見て欲しいです。

(All cinema onlineより)
「メッセージ・イン・ア・ボトル」の著者ニコラス・スパークスの長編デビュー小説を映画化したラブ・ストーリー。運命的な恋に落ちながらその関係を引き裂かれてしまった一組の男女の、時を経た永遠の愛をロマンティックに描く。監督は「ジョンQ-最後の決断-」「シーズ・ソー・ラヴリー」のニック・カサヴェテス。

 とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。

1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会う。その時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして、2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…。



内容言いたいですが言ってしまうと勿体無いので我慢・・・。初老の女性演じるジーナ・ローランズ(監督のお母様)とデューク演じるジェームズ・ガーナーが最高にいいです。

そして若いカップル役のライアン・ゴスリング、レイチェル・マクアダムスも、またいいのです。2人ともカナダ人です。

彼の本、本当にどれも大好きです。こちらの図書館で全て読みました。新作が出てるのですがまだ読めてないので近々読みたいです。

この映画は実際は原作とちょっと違うエンディングですが映画では、あのエンディングがいいのだと思います。

風景も綺麗だし、優しい気持ちになれます。

映画の冒頭部分のセリフから・・・


「私は平凡な男。
平凡な思想で平凡な人生を送ってきた。

特に名声を残すわけでもなく
すぐに忘れ去られてしまうだろう。

でもひとつだけ誇れることがある。
それはたった一人の女性を命を掛けて愛し続けたことだ。

いつでも、それだけで十分だった。」

I am no one special, just a common man with common thoughts.
I've led a common life. There are no monuments dedicated to me,
and my name will soon be forgotten.

But in one respect,
I've succeeded as gloriously as anyone who ever lived.
I've loved another with all my heart and soul, and for me,
that has always been enough.



きみに読む物語 スタンダード・エディション きみに読む物語 スタンダード・エディション
ライアン・ゴズリング (2005/09/23)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る
The Notebook The Notebook
Nicholas Sparks (1998/02)
Warner Books

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
今の自分
「成績は、出ていました。でももしそこで、成績は出ているから今の自分でいいんだという評価をしてしまっていたら、今の自分はないですよね。」

                 <イチロー選手>


私は野球のことは、ほとんど知らないけれど彼の活躍は、誰もが知る所。

イチロー選手は自分に絶対に妥協しない努力の人だな・・という印象があります。

成績や記録を残しても、まだまだ!と妥協しないプロフェッショナルな姿、見習いたいものです。



長所を見直す
「技術的な面で悩んだとき、妻の『自分らしくやったら』という言葉をきっかけに、自分の長所を伸ばそうと考えを改めました」

              <原田 雅彦>


長野五輪スキージャンプで金メダリストを取った彼の言葉。

落ち込んだり悩んだりした時、つい自分の短所ばかりを責めてしまう事って少なくありません。

そんな時こそ、深呼吸をして自分の好きな所を見てみるといいかもしれません。

  「道」

長い人生にはなあ
どんなに避けようとしても
どうしても通らなければならぬ道
というものがあるんだな

そんなときはその道を
だまって歩くことことだな
愚痴や弱音は吐かないでな

黙って歩くんだよ
ただ黙って
涙なんか見せちゃダメだぜ

そしてなあその時なんだよ
人間としてのいのちの
根がふかくなるのは

           <相田 みつを>


避けたくても避けられない道ってありますよね。
その道は、そのときの自分に必要だから避けられないようになっているのでしょう。。(まさに今の私です。苦笑)

文句を言わず(私は言ってしまうだろうなあ。笑)歩み続けて自分を成長させたいです。

星が見える名言集100
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

リンリン

Author:リンリン
2005年よりカナダに住んでいます。

都会暮らしから田舎暮らしへの変化で戸惑う事なども未だにある毎日ですがヨガにはまりながら大自然の中でシンプルに暮らしています。

好きな言葉は「ありがとう」「冬は必ず春となる」

常にポジティブでいたいと思っています☆
ポジティブパワーがもらえる本、映画、言葉などあったら是非是非教えてください。どうぞよろしく♪

泣き、笑い上戸です。泣くのも笑うのも大好き☆

ボランティア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。