*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラッドダイアモンド
たまには映画の話題。

『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック監督。レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー共演の社会派アクション映画。日本では公開したばかり?こちらの映画館で見れずDVDをやっと借りてきました。

舞台は内戦が続くアフリカのシエラレオネ。

ストーリーは、家族を何よりも大切にする漁師のソロモン(ジャイモン)は反政府軍(RUF)に捕まりダイヤの採掘場で強制労働させられるがそこで彼は誰も見たことがない大きなピンク・ダイヤモンドを見つけて隠したことを南アフリカ人のダイヤ密売人のダニー(レオ)が知り、何とかソロモンとコンタクトを取ろうと必死になります。

そこでダニーは反政府組織RUFの資金源となるブラッドダイアモンドの真相を探っているアメリカ人ジャーナリスト、マディー(ジェニファー)と出会い、3人で反乱軍が支配する地域にダイヤを探しに行きます。

隠した場所に行くまで地獄のような道が続いていて、更にその地獄の道でソロモンは反乱軍の少年兵として銃を持っている我が息子の姿を発見してしまいます。このピンクダイヤモンドを巡って人間の欲とエゴがぶつかりあい、誰がダイヤを手にするのか、、という感じの内容です。

久々に考えさせられる映画を見た気がしました。重い内容だったけどとても良かったです。

1991年に始まったシエラレオネ内戦を描き、ダイヤモンド業界の不正ダイヤ取引が内戦の資金源となり、結果的に貧困と暴力を招いているという事を訴えていると同時にこの内戦で戦力となっているマインドコントロールされた少年兵の事も重大な問題であると考えさせられる映画でした。

映画のはじめは痛いシーンが結構あり、大人の兵士が人を殺すのだって見ていられないのに少年兵が銃を持ち人を殺していくシーンは見ていて更に切なかったです。

とにかく主演のレオとジャイモンの演技が本当に素晴らしくて、数箇所で泣きました。久々のお勧め映画です。

ブラッドダイアモンドのサイト




スポンサーサイト
哀れな人

この世で一番哀れな人は、
目は見えていても
未来への夢が見えていない人だ。

<ヘレン・ケラー>


ヘレン・ケラーの言葉だけに説得力があります。
希望、夢を持つ事は、素敵なこと。

小さな夢から大きな夢までいくつも希望と夢を持って生きたいです。


ranking


星が見える名言集100
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

リンリン

Author:リンリン
2005年よりカナダに住んでいます。

都会暮らしから田舎暮らしへの変化で戸惑う事なども未だにある毎日ですがヨガにはまりながら大自然の中でシンプルに暮らしています。

好きな言葉は「ありがとう」「冬は必ず春となる」

常にポジティブでいたいと思っています☆
ポジティブパワーがもらえる本、映画、言葉などあったら是非是非教えてください。どうぞよろしく♪

泣き、笑い上戸です。泣くのも笑うのも大好き☆

ボランティア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。