*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君に読む物語
たまには映画のご紹介も♪

ニコラス・スパークスのデビュー作でベストセラー「The Notebook」の映画化。

この映画本当にお勧めです。純愛物ですが本当に本当にいいです。男性の方も見て欲しいです。

(All cinema onlineより)
「メッセージ・イン・ア・ボトル」の著者ニコラス・スパークスの長編デビュー小説を映画化したラブ・ストーリー。運命的な恋に落ちながらその関係を引き裂かれてしまった一組の男女の、時を経た永遠の愛をロマンティックに描く。監督は「ジョンQ-最後の決断-」「シーズ・ソー・ラヴリー」のニック・カサヴェテス。

 とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。

1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会う。その時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして、2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…。



内容言いたいですが言ってしまうと勿体無いので我慢・・・。初老の女性演じるジーナ・ローランズ(監督のお母様)とデューク演じるジェームズ・ガーナーが最高にいいです。

そして若いカップル役のライアン・ゴスリング、レイチェル・マクアダムスも、またいいのです。2人ともカナダ人です。

彼の本、本当にどれも大好きです。こちらの図書館で全て読みました。新作が出てるのですがまだ読めてないので近々読みたいです。

この映画は実際は原作とちょっと違うエンディングですが映画では、あのエンディングがいいのだと思います。

風景も綺麗だし、優しい気持ちになれます。

映画の冒頭部分のセリフから・・・


「私は平凡な男。
平凡な思想で平凡な人生を送ってきた。

特に名声を残すわけでもなく
すぐに忘れ去られてしまうだろう。

でもひとつだけ誇れることがある。
それはたった一人の女性を命を掛けて愛し続けたことだ。

いつでも、それだけで十分だった。」

I am no one special, just a common man with common thoughts.
I've led a common life. There are no monuments dedicated to me,
and my name will soon be forgotten.

But in one respect,
I've succeeded as gloriously as anyone who ever lived.
I've loved another with all my heart and soul, and for me,
that has always been enough.



きみに読む物語 スタンダード・エディション きみに読む物語 スタンダード・エディション
ライアン・ゴズリング (2005/09/23)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る
The Notebook The Notebook
Nicholas Sparks (1998/02)
Warner Books

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
THE PURSUIT OF HAPPYNESS(幸せのちから)
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を描いた実話の映画。

ストーリーは、骨密度を測る医療機器のセールスマンとして働くクリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、思うように売ることができず、家賃を払えない日々が続き、遂に妻のリンダ(タンディ・ニュートン)にも去られる。彼は、証券会社の正社員を目指して養成コースを受講するけれど半年は無給。家を追い出されホームレスとなり、それでも5歳の愛する息子に愛情をそそぎながら研修にもひたすら頑張り、幸せを掴もうと希望を持って信じる道を一生懸命進み続けて成功する・・・といった夢のような本当のお話。

私の大好きな実話映画です。
やっと借りて見ました。実話だけにとても良かったです。実生活でも親子のウィル・スミスが息子との共演でこれまた息子が健気に家がない生活にも文句を言わず、ひたすら楽観主義で頑張る姿が素敵でした。

人生投げ出したくなる位、運が悪いのがこれでもか、、と続き、見ていて歯痒くて切なかったけど主人公のクリスは本当に性格が良くて前向きで元気をかなりもらえる映画でした。彼の本もでているから是非読んでみようと思います。



Spiderman 3
楽しみにしていた「スパイダーマン3」を映画館に見に行ってきました。 前作から3年も経っていたですね。3年も待つのかぁ、、なんて思っていましたがやっと来た!という感じです。

今回は悪役も増え、ドラマもあり、泣く所もあり(←私だけでしょうかね?泣いたのは。笑!)で、とっても楽しめました。「スターウォーズ」のジョージ・ルーカス監督は、ストーリがーなくてくだらない映画、、と酷評していたけど。。。妬みでしょうかね??

2時間半弱、あっという間に過ぎて面白かったです。




ブラッドダイアモンド
たまには映画の話題。

『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック監督。レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー共演の社会派アクション映画。日本では公開したばかり?こちらの映画館で見れずDVDをやっと借りてきました。

舞台は内戦が続くアフリカのシエラレオネ。

ストーリーは、家族を何よりも大切にする漁師のソロモン(ジャイモン)は反政府軍(RUF)に捕まりダイヤの採掘場で強制労働させられるがそこで彼は誰も見たことがない大きなピンク・ダイヤモンドを見つけて隠したことを南アフリカ人のダイヤ密売人のダニー(レオ)が知り、何とかソロモンとコンタクトを取ろうと必死になります。

そこでダニーは反政府組織RUFの資金源となるブラッドダイアモンドの真相を探っているアメリカ人ジャーナリスト、マディー(ジェニファー)と出会い、3人で反乱軍が支配する地域にダイヤを探しに行きます。

隠した場所に行くまで地獄のような道が続いていて、更にその地獄の道でソロモンは反乱軍の少年兵として銃を持っている我が息子の姿を発見してしまいます。このピンクダイヤモンドを巡って人間の欲とエゴがぶつかりあい、誰がダイヤを手にするのか、、という感じの内容です。

久々に考えさせられる映画を見た気がしました。重い内容だったけどとても良かったです。

1991年に始まったシエラレオネ内戦を描き、ダイヤモンド業界の不正ダイヤ取引が内戦の資金源となり、結果的に貧困と暴力を招いているという事を訴えていると同時にこの内戦で戦力となっているマインドコントロールされた少年兵の事も重大な問題であると考えさせられる映画でした。

映画のはじめは痛いシーンが結構あり、大人の兵士が人を殺すのだって見ていられないのに少年兵が銃を持ち人を殺していくシーンは見ていて更に切なかったです。

とにかく主演のレオとジャイモンの演技が本当に素晴らしくて、数箇所で泣きました。久々のお勧め映画です。

ブラッドダイアモンドのサイト




An Inconvenient Truth (不都合な真実)
地球温暖化問題の研究した結果を米元副大統領のアル・ゴア氏が写真や絵やグラフなどを使って、とても分かりやすくプレゼンするドキュメンタリー映画。

この映画は大人は勿論、子供にも是非とも見て頂きたい映画です。

地球温暖化問題はテレビなどでも頻繁に議論されていますがどこか他人事のように『まだ大丈夫だよ』なんて思っている人もたくさんいるかと思います。本当にここまで深刻なんだ、という事を理解するには、この映画を是非お勧めします。

彼は映画でこのように言ってます。

「私たちは、必ず温暖化の問題を解決することができる。そのために、1人1人が変わろう。事実を知って行動を起こそう。」

アル・ゴア氏はこの事実を伝えるために世界中を周ってプレゼンテーションを行っています。1人1人が出来る事は小さいけれど、皆が小さいことでも実行していけば大きな力になります。

使ってない電気は消す。
近くならば車を使わないで歩いていこう、、などなど。

ブッシュ大統領ではなく、このアル・ゴア氏が大統領になっていたら、、大分違ったのでは?と思ってしまいます。戦争なんてしている場合じゃないぞ、、私たちの地球がどうなっていくか知る為に是非この映画を見て頂きたいな、と思いました。

不都合な真実のサイト



Inconvenient Truth (Ws Sub Ac3 Dol Chk) Inconvenient Truth (Ws Sub Ac3 Dol Chk)
(2006/11/21)


この商品の詳細を見る
トスカーナの休日
とても大好きな映画です♪
イタリアのトスカーナ地方がもうたまらなく綺麗で可愛い町なんです♪(自分も住みたい!と思ってしまう。)それだけでも十分楽しめるのだけどストーリーもとてもよかったです。おまけに主演のダイアン・レインも、私は昔からとても好きです。

ハリウッド版『Shall We ダンス?』の脚本家でもある、オードリー・ウェルズ監督がアメリカで200万部のベストセラーとなった小説『イタリア・トスカーナの休日』を映画化。

ストーリーは、突然の離婚ですべてを失った、作家のフランシス(ダイアン・レイン)。親友のパティ(サンドラ・オー)からトスカーナ旅行をプレゼントされ傷心旅行へ。その旅先で修復がかなり必要な広い家を衝動買いしてしまいます。家を修復していくと同時に傷心から立ち直っていく素敵な女性を演じています。フランシスを支える周りの人々もとてもいいのです。人生捨てたもんじゃないね、って思え、見終わった後にとても幸せな気持ちになれる映画なのでお勧めです。

この映画から素敵な言葉を♪ (フランシスが家族もいないのに大きな家を衝動買いしてしまい、これから1人でどうしたらいいのか落ち込むシーンで家を売った不動産やさんが慰めます。)


「オーストリアとイタリアの間にセンメリング峠があります。アルプス山中のとても険しい峠にウィーンとベニスを結ぶ鉄道が敷かれました。列車が走るずっと前に線路が作られたんです。いつか列車が通ることを信じてね。。」

「Between Austria and Italy,there is a section of the Alps called the Semmering. It is an impossibly steep, very high part of the mountains. They built a train track over these Alps to connect Vienna and Venice. They built these tracks before there was a train in existence that could make the trip. They built it because they knew someday the train would come. 」


↓ポチッと押していただけると嬉しいです♪
ranking


トスカーナの休日 トスカーナの休日
ダイアン・レイン (2005/12/07)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る
TITANIC
タイタニックを見たことがない人もいるかもしれませんが、私は何度も見ています。先日も寝る時に見てしまいました。。いくつか忘れられない言葉があるのでご紹介♪

海に身を投げようとするローズをジャックが助け、婚約者のキャルにお礼としてディナー招待されたシーンで。。。

僕は人生を贈り物だと考えている。無駄に過ごそうとは思わない。
次にどんなカードが配られるかわからないのだから。
与えられた人生を受け入れることです。だから、毎日を大切にしよう。

I figure life's a gift and I don't intend on wasting it.
You never know what hand you're gonna get dealt next.
You learn to take life as it comes at you.
To make each day count.


DVDを持っている人は、もう1つのエンディングが見れると思うのですがそこで年老いたローズの言葉も良かったです♪ジャックのこの『毎日を大切にしよう』という言葉は、ローズの支えになっていたんだなあ、と思います。
 
人生は、お金に変えられない貴重なものです。毎日を大切にしましょう。

Only life is priceless....and making each day count.


DVDの特典についているカットされたシーンを見たことがない人は是非お勧めです。カットされたシーンが本編のシーンにこのように続いてたんだ!と隠れたストーリーが結構あり楽しめます。

↓ポチッと押していただけると嬉しいです♪
ranking


タイタニック タイタニック
レオナルド・ディカプリオ (2002/06/28)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
ワールド・トレード・センター
映画館に見に行ってきました。
実話ものの映画大好きです♪

9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男の姿を描く実話を基にした感動ドラマです。監督は『アレキサンダー』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『JFK』などで知られる巨匠オリバー・ストーン。

2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)らは、同時多発テロの被害を受けた人たちを救出するためにワールド・トレード・センターへ駆けつけるが崩落によって内部に閉じ込められてしまう。

日本ではこれから公開なのであまり詳しく書きませんが映画のほとんどが閉じ込められた暗闇のシーンでした。希望を持ち家族のために絶対に生き延びてみせる!という強い意志、家族愛をテーマにした映画だったような気がします。映画でのビル崩壊もすごかったですが実際の崩壊はもっと悲惨だったんだろうな、、と胸が痛くなりました。珍しく大泣きはしませんでしたがホロリと要所要所で涙はでました。

ホームページは、こちら→ ワールド・トレード・センター

↓ポチッと押していただけると嬉しいです♪
ranking



キューティーブロンド2

前に紹介したキューティーブロンドの続編です。
この映画も最初のと同様にスーパーポジティブパワーが漲った映画です。
前編同様、又しても周りは敵ばかりで嫌味を言われたり邪魔されたりで落ち込むも持ち前のポジティブさと努力で勝ち取る成功と幸せ。

感謝の気持ちや人を誉める事を常に忘れず、今やらなければいけない事を一生懸命やるエルは、この映画でも更に素敵でした♪映画だからうまくいって当たり前、、と思わず素直に見た方が楽しめます♪

映画の中から印象的な言葉を。。。

(大期待を胸に一流の美容院に行ったものの髪型をメチャメチャにされた話をするシーンで)

「一瞬腹が立ったけど悪いのは美容院ではなく、間違った事をされて何も言わなかった私なのです。途中で自分の考えを言わず声を抑え、自分を信じず途中で何も言わなかった自分なのです。」

First I was angry.
And then I realized my anger was completely misdirected.
This wasn't the salon's fault. I had sat there and witnessed this injustice and had let it happen.I forgot to use my voice. I forgot to believe in myself. I didn't get involved in the process.


うまくいかなかった事を周りの環境や人のせいにする前に自分が悪い事はなかったか?と自分を振り返る事も必要、という事を思い出させてくれた台詞でした。

↓ポチッと押していただけると嬉しいです♪
ranking



キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX コレクターズ・エディション キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX コレクターズ・エディション
リーズ・ウィザースプーン (2006/02/01)
キューティブロンド


最高に元気になれる映画です♪

初めは、キャピキャピギャル(←かなりの死語ですね。笑)の映画なのかなあ、と思いきや、内容イイです!おバカな部分もありますが素直で一生懸命なエルは、とても素敵です!

政治家志望の恋人から振られたピンク大好き、ファッション大好きなブロンドガールエルが、彼の心を取り戻すため、猛勉強して名門ハーバード大学の法学部に入学するが余りの浮きように周りからは意地悪されまくり。決して文句言う事なく持ち前のポジティブさで乗り越え、強さと新たな自信を得て一人前の弁護士としてサクセスをつかんでいく姿を描いた、かなりの爽快映画です♪

何度見た事か。。。落ち込んだ時にいつも見る映画の1つです。2もお勧めです。(女性向けかも)ファッションも可愛いし、何よりチワワのブルーザーが名演技で可愛すぎます。

この映画のエルは本当にある意味、理想の女性です。お洒落を忘れず、人の悪口は絶対に言わず、困った人を助け、自分の信念を努力でひたすら頑張り続け、目標を達成する。こんな女性になりたいものです。


映画の中から印象的な言葉を。

「情熱と信念を持つ勇気、真の自分を知る事が未来を開きます。

人への信頼を決して忘れない事です。そして一番大切な事は自分を信じる事です。」

It is with passion, courage of conviction and strong sense of self that we take our next steps into the world.

You must always have faith in people and most importantly, you must always have faith in yourself.



↓ポチッと押していただけると嬉しいです♪
ranking


キューティ・ブロンド コレクターズ・エディション キューティ・ブロンド コレクターズ・エディション
リーズ・ウィザースプーン (2006/02/01)
ザ・エージェント

大好きな映画の1つです。

トム・クルーズ演じる大手会社のスポーツエージェントが会社のやり方に疑問を持ち、理想のやり方なる提案書を提出。でもクビになってしまい、共感してくれた経理の女性と落ち目の選手1人を抱えて会社設立。理想を現実にして成功していく元気づけられる映画です。

男同士の素敵な友情、恋愛、キャスティング、全てイイ!です。子役の男の子も最高に可愛い!映画の合間にでてくる実業家の素敵な言葉も見逃せません。何度見てもイイ!です。

映画の中から感動した言葉を1つ。。。

You complete me. (君が僕を完全にする)

何て素敵な言葉なんでしょう~~。ロマンティックですよね。(←すみません、自分の世界に完全に入っているので放っておいて下さい♪笑)


↓ポチッと押していただけると嬉しいです♪
ranking



ザ・エージェント ザ・エージェント
トム・クルーズ、キューバ・グッティングJr. 他 (2006/02/01)
エリン・ブロコビッチ

離婚歴2回、子供3人、預金16ドル。

ミス・ウィチタだった美貌は衰えていないものの大した学歴もない為、就職活動もままならないエリン・ブロコビッチ。そんな時、交通事故をきっかけに知り合った弁護士エドに頼み込み、無理やり職を得た。不動産関係のファイルを整理してたエリンは、ある地域の水質汚染を発見。大企業が住民をだましていたことに気づき綿密な調査の元、大会社を訴える為に立ち上がる、、という内容です。

実話を元にした映画ですが何も持っていない希望もない彼女がこの事件をきっかけに人との信頼を築き上げ、頼りにされ、ついに目的を達成する!という私が大好きなタイプの映画です。

足を使って住民のもとへ調査に行き、信頼関係を作り、住民と団結して立ち上がる!希望を持って悪いものは悪いと戦う強さ、素敵でした♪

こういう真っ直ぐな強さ、身につけたいです。


エリン・ブロコビッチ エリン・ブロコビッチ
ジュリア・ロバーツ(主演) (2006/09/27)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
ショーシャンクの空に
有名な「ショーシャンクの空に」は、大好きな大好きな映画です。

無実の罪でエリートからどん底へ落とされ、ひどい仕打ちを受けても希望だけは持ち続け、そして這い上がっていくスーパーポジティブ映画。ラストシーンは何とも言えない爽快感がありました。

どんな状況にあっても心の中にある希望までは誰も奪えない。
希望を失わず耐え抜いて希望を現実にしていく主人公のアンディは本当に素晴らしかったです。映画の中の台詞で忘れられない一言。

「希望とはいいものだ。おそらく最高のものだ。」
(Hope is a good thing, maybe the best of things.) 



希望を現実に変えていけるのは自分の信念と努力!

是非とも見習わせて頂きます♪


↓ポチッと押していただけると嬉しいです♪
ranking


ブリジットジョーンズの日記
私はこの映画大好きなんです。1も2も。

ドジでお茶目、考えずにモノを言ってしまって周囲の失笑を買う、、でも一生懸命素直に頑張り続けるブリジット・ジョーンズは元気の素になります。

今、目の前にある事を全力投球で頑張れば道は開けてくるんだなあ、って感じさせてくれます。その場で停滞せず常に行動しているから例えドジを踏んでも結果オーライになっている。

ちょっと落ち込んだ時などによく見ては大笑いし、ポジティブパワーをもらっています。


ブリジット・ジョーンズの日記 1&2セット(初回限定生産) ブリジット・ジョーンズの日記 1&2セット(初回限定生産)
レニー・ゼルウィガー (2005/07/22)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


星が見える名言集100
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

リンリン

Author:リンリン
2005年よりカナダに住んでいます。

都会暮らしから田舎暮らしへの変化で戸惑う事なども未だにある毎日ですがヨガにはまりながら大自然の中でシンプルに暮らしています。

好きな言葉は「ありがとう」「冬は必ず春となる」

常にポジティブでいたいと思っています☆
ポジティブパワーがもらえる本、映画、言葉などあったら是非是非教えてください。どうぞよろしく♪

泣き、笑い上戸です。泣くのも笑うのも大好き☆

ボランティア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。